にがりの選び方

最近、いろんなにがりが出て来て、価格も様々でどこが違うのですか?という質問が多いのでお答えします!

にがりを選ぶ時のポイント

  • 塩化マグネシウムの含有量が多いこと
  • 塩化ナトリウム(塩分)の含有量が少ないこと
  • ダイオキシン・重金属などが除去され、安全に使えること
  • 天然であること
  • *携帯サイズだと、いつでもどこでも使えて便利です。
  • *ただし、薄めてあるもの(開封後、要冷蔵と書いてあるもの)は、腐ってしまうので、常温では  持ち運べません。
  • *極端に高額なものを選ぶ必要はありません。上記をチェックして購入しましょう。

海洋汚染!?

にがりは海水を濃縮して作られますが、現在の海水は汚染が進み、様々な問題を抱えます。特にダイオキシン、重金属(水銀、鉛、ヒ素、アルミなど)などが体に与える影響は大きく、これらを完全に除去しなければ同時に吸収することになります。

当社では国産の海水をイオン交換膜透析法にて、ダイオキシン・重金属などを完全に除去しております。現在の製法の中でダイオキシンや重金属などを除去できるのは、イオン交換膜透析法による『にがり』だけだと言われています。当社の『にがり』は安心を第一に考えたミネラル豊富な『にがり』です。

価格が違うのはなぜ?

そもそもにがりとは、海水を組み上げ塩を作るときに残った液ですので、そんなに高いものではありません。また、当社のにがりは量産体制で行っているため、低価格での販売が実現できるのです。

ブームと共に様々なにがりが店頭に並ぶようにうなり、低価格の商品も出てきましたが、当社のにがりとはまったく濃度が違い使用方法も違いますので、成分表をご確認ください。また、粉末のにがりを水に溶かしてにがりとして販売されている商品もありますが、粉末のにがりは塩化マグネシウムのみになっております。にがりは様々なミネラルがバランスよく含まれていることが大切です。

濃度が高いと価格も高いの!?

最近水で薄めて販売されている業者もありますが、当社のにがりは原液のまま販売しております。「価格が高いものが濃度も高いのでは!?」と考えている方がいらっしゃいますが、それは違います。当社のにがりは他社と比べ、比較的安価なものとなっておりますが、それは量産体制を整えているためです。しかもイオン交換膜で製造しており、小さなイオンの状態で存在しますので通常のにがりより非常に濃い濃度になっています。成分分析も定期的に行っております。

亀山堂のにがりはサービスつき!?

既にお買い上げの方はご存知だと思いますが、当社ではにがりをお買い上げになったお客様には空の携帯用ミニボトル、にがりの使用方法や豆知識をもり込んだ説明書をお付けしています。「一滴ずつ入れるのが入れにくい」、「どのように使用したらいいのか分からない」などのご意見が多かったため、このようなサービスを開始しました。

使用量がいろいろ違うのはどうして!?

最近、当社の商品と類似したものが、スーパーなどで回スプーン1杯などと書いて売られていますが、当社の15分の1ほどの濃度ですのですので、同じレシピでは使用しないで下さい。

当社の「にがり」の使用方法については説明書をお付けしています。

亀山堂のにがり