健康美容用語集

ミネラル

ミネラルは糖質や脂質、たんぱく質、ビタミンとともに5大栄養素のひとつに数えられます。日本語では、鉱物とか無機質と呼ばれ、自然界に存在する単一の成分です。ミネラルの中にも、有害ミネラルと人体に必ず必要な必須ミネラルがあります。カルシウム、リン、マグネシウム、カリウム、塩素、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、コバルト、モリブデン、セレン、ヨウ素、クロムなど多種に渡っています。

ミネラルは、体の働きの素である酵素と結びつき、消化、吸収、老廃物の排泄と生命活動に欠かすことができない代謝のサポートしています。体内に占めるミネラルの割合は4%と微量ですが、体内で作ることができないため、食べ物から摂取するしか方法がありません。

しかも、体内のミネラルバランスが崩れ、1%でも減ってしまうと、偏頭痛から体調不良といろいろと病気をひき起こします。そのため、ミネラルはしっかり摂取することが大切なのです。また、ビタミンとミネラルは相互に関係しあっており両方をバランスよく摂取することが健康につながります。

関連商品:にがり温泉(1L)にがり温泉(4L)にがり温泉(10L)赤いにがり(1L)