健康美容用語集

ステアリン酸

ステアリン酸は動物性、植物性の脂肪分の中にも多く含まれている飽和脂肪酸です。常温で白色の固体です。そのため、ろうそくの原料、工業や食品などいろいろな用途で使われています。例えば、石鹸もこのステアリン酸と苛性ソーダを使い作られています。他にもクリームや乳液の乳化剤としても広く用いられています。

また、ステアリン酸カリウム、ステアリン酸グリセル、ステアリン酸スクロールといった化合物は、水と油を混ぜることができる乳化剤として、化粧品で多数用いられています。

関連商品:初椿